皮脂分泌が多いとカビが発生することもある


脂漏性皮膚炎の症状は、体の中でも皮脂の分泌が多い部位に起こることが特徴です。

脇の下や顔など、そして頭部にも症状が表れます。

乳児期の場合には、黄白色で脂っぽいかさぶたができ、思春期以降になると頭部のフケが増えるなど、その年齢によっても症状が異なります。

紅班ができることが一般ですが、頭部の場合にはかゆみがあり顔にできる場合は、頭部ほどかゆみはありません。

この脂漏性皮膚炎の原因ですが、皮脂の分泌が正常に行われず、マラセチア菌という皮脂を好むカビの一種が増殖してしまう事が要因となっています。

思春期は特に皮脂の分泌が多い為にニキビなども出来やすいのですが、同時にこの原因となるカビが発生しやすい為に、注意をする事が必要ですね。

 

脂漏性皮膚炎の予防法



病院で診察をしてもらうとするに診断をしてもらうことが出来ますが、この脂漏性皮膚炎になるきっかけは、いつも使っているシャンプーやヘアケア製品などがきっかけとなる場合もあります。

パッチテストで診断を行う場合もあります。

治療方法ですが、原因となるものが分かれはそれを除くことや、ステロイド外用薬と使用して治療する方法もあります。

そしてマラセチア菌の対処として抗真菌薬を使う場合など、その症状によって効果的な方法で対処されます。

皮脂は本来は肌の乾燥を防ぐ為に、体から自然と分泌されるものですが過剰に分泌されてしまうことや、逆に十分分泌されないことなど、その時の体のバランスによっても異なります。