触れたものへのアレルギーが原因で起こるかゆみ


皮膚炎には種類が色々ありますが、接触皮膚炎は皮膚に触れたものが原因となり、炎症を起こす皮膚疾患です。

刺激となる場合やアレルギー反応として症状が起こり、かゆみを伴う湿疹ができてしまいます。

一般的には「かぶれ」と呼ばれています。

接触した皮膚の部分には、紅班(こうはん)がでることや、症状がひどい場合には腫れてしまうこともあります。

小さな水ぶくれのような症状が起きる場合もあり、それぞれ異なる症状があります。

接触性皮膚炎の原因ですが、生活をしている中で身の回りにあるものには全て要因があることも特徴です。

直接肌に付ける化粧品、ヘアケア製品、アクセサリーなどそして身に付ける衣類や、その洗剤なども影響する場合があります。

ほかには植物や動物といったものが原因になることもあります。
 

症状がひどい場合の対処法



医療機関ではパッチにテストにより原因を判断する方法があります。

症状により治療方法も異なりますが、原因が確定している場合には、その原因物質を肌に接触させないように除去する事が必要になります。

そしてステロイド外用薬を使用して、症状を改善する場合やかゆみが激しい時には抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を内服する場合もあります。

皮膚炎は、まず原因を見つけることが必要です。

分からないまま皮膚疾患を繰り返してしまうと、重症化してしまう恐れもあります。

気になる症状が続く時には、早めに医療機関で診察してもらうことが必要ですね。

原因究明はとても必要なのです。