老化により皮膚のバリア機能が低下しておこるかゆみ


皮脂欠乏性皮膚炎は高齢者に多い皮膚疾患です。

腰から膝下あたりに症状が出て、空気が乾燥する冬の季節に多く見られる皮膚疾患です。

皮脂の分泌は加齢により減少してしまう為に、高齢者になると肌が乾燥しやすくなることが特徴です。

乾燥した皮膚の表面に、細かいフケのような剥がれた皮膚がつくことが症状として見られます。

下腿には、亀裂やシワのができる場合もあり、強いかゆみを伴うことが特徴です。

かゆみを我慢せずに、皮膚を強く引っかいてしまうと、その傷により更に湿疹が増えてしまったり、時間が経過する事で皮膚の色素沈着を起こして黒ずんでしまう場合もあります。

肌の乾燥が原因となりますが、冬は特に湿度も少ない為に、皮質の分泌も減少して乾燥肌になりやすいのです。
 

皮脂欠乏性皮膚炎の治し方



効果的な治療方法には、乾燥する季節の石鹸の使用を控えたり、入浴後にしっかり肌を保湿することなどが必要になります。

強いかゆみがある場合には、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服をする場合もあります。

そして刺激の少ないステロイド外用薬で症状を改善する場合もあります。

肌の乾燥は色々なトラブルの原因となります。

スキンケアは皮膚の健康の為にも大切になりますので、特に乾燥する時期の保湿はとても重要です。

ボディケア商品はその人の肌にあったものを使い、低刺激のものが安心ですね。

肌に少しでも異変を感じた時は、すぐに医療機関で診察をしてもらうことをオススメします。