遺伝や糖尿病で誘発されやすいかゆみ


乾癬は体中に症状がおこります。

盛り上った円形の紅班が体の色々なところに出来てしまい、特に発症しやすいのが肘や膝頭である事が特徴です。

そして頭部や腰など、擦れ安い部分や日光が当たらない部分にできることもあります。

重症化した場合には、発熱があったり関節炎を起こしてしまう場合もあります。

乾癬の原因ですが、遺伝的な要因がある場合や、肥満や糖尿病の合併として起こる場合もあります。

乾癬の治療は、ステロイド外用薬を使う場合や、活性型ビタミンDの軟膏を塗る外用療法が一般的です。

そして紫外線に敏感になるソラレンという薬を内服する治療法もあります。

 

乾癬の治療薬の内容



ソラレンは外用薬として直接患部に塗ることも出来ますが、その場合は、紫外線を照射して治療をする光線療法を行います。

乾癬が重症化してしまった場合には、細胞を増殖するレチノイドや免疫抑制薬を内服する場合もあります。

そして症状の一つでもある痒みの対処としては、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服する場合もあります。

医療がどんどん進化している現代では、乾癬の治療方法も色々な対応ができるようになりました。

それぞれの患者さんの症状によっても治療法を選ぶことが出来ますので、医療機関で自分にあった治療方法を行う事が必要です。

皮膚の異常はそのままに放置せず、なかなか治らない場合にはすぐに病院で診察してもらうことが必要ですね。

思っている以上に深刻な場合もありますので注意しましょう。