突然表れるかゆみと膨疹が特長

かゆみを伴う皮膚疾患は我慢をするのがとても辛いですよね。

一般的によく聞かれる病気がじんましんです。

体の全体や一部分に突然表れるかゆみ、皮膚が盛り上ったようになる膨疹(ぼうしん)ができることもあります。

症状は数時間から1日程度で繰り返しておこります。

かゆみを伴う症状がとても特徴になっています。

じんましんの特徴である紅班(こうはん)は、数ミリ程度の大きさのものから、大きいものでは手の平ほどの大きなものでサイズも色々あります。

じんましんも重症化した場合には、気管支や腸の粘膜にまで症状が広がる事があり、呼吸困難や下痢、腹痛などの症状が起こる場合もあります。

症状が出るのが1ヶ月以内ものは急性じんましん、そして長期にわたって出没するものは慢性じんましんと呼びます。

じんましんの原因と対策



このじんましんの原因ですが、食べ物や薬などにより、皮膚組織内の肥満細胞がヒスタミンという物質を分泌することにより起こります。

体に疲労が溜まっているときや、ストレスなどで体調のバランスが悪い時などにじんましんが出やすくなってしまいます。

じんましんの特徴としては、ほとんどのケースでその原因がはっきり分からず、いつ症状がでるか分からないことです。

治療は抗ヒスタミン薬を内服する事で治すことが出来ますが、その時の体調などが要因となり、いつも不安でいる方も多いようです。

日頃からの健康管理をしっかり行う事が必要かも知れませんね。

そして気になる症状がある場合はすぐに医療機関に行きましょう。