かゆみだけでなくひび割れや痛みもともなう


手湿疹は、別名主婦湿疹とも呼ばれる手におきる皮膚疾患です。

一般的に手荒れとして知られています。

手のひらや甲が赤くなり、角質が皮膚から剥がれてしまうことや、症状が悪化すると指の腹が割れてしまう症状なども起こります。

皮膚が薄くなって指紋が消えてしまうような場合もあります。

赤い丘疹ができる場合にはかゆみをともないます。

この手湿疹の原因ですが、主婦や調理師、美容師など水を触る機会の多い人に起こりやすい皮膚疾患です。

通常の場合には、皮脂が分泌されて肌の乾燥を守る事ができるのですが、水を触る事が多いと、肌のバリア機能が減少して皮脂が少なくなってしまいます。

そしてその状態で手を使う為に、皮膚には負担となり症状が起こるのです。

アトピー体質の人は特に、皮質の分泌が正常の行われず、手湿疹になるリスクも高い事が特徴ですね。

医療機関では問診の他にはパッチテストを行い、アレルギー性皮膚炎であるかどうか区別をする事があります。

 

手湿疹の予防と対処



治療方法としては、直接手で水を触る事を控え、手袋を着用する事が効果的です。

手湿疹は一般的には市販のハンドクリームを使ってケアをする事が出来ます。

ハンドクリームはワセリンが成分となっているものや、さらっとしたクリームタイプなどがあります。

症状が軽い場合には、軽めのハンドクリームでも効果がありますが、乾燥が激しい場合には、寝る時にワセリンタイプのものでしっかりと保湿をするとよいでしょう。