かゆみが続く慢性的な皮膚炎


よく耳にするアトピー性皮膚炎、敏感肌で着用する洋服や使う石鹸などにも気を使わないといけません。

小さな子供だけでなく、大人にもとても増えている皮膚の疾患ですが、体質改善をすることなども必要となってきました。

アトピー性皮膚炎はかゆみが続く慢性的な皮膚炎で、体の特定の部位に繰り返し症状がでることが特徴です。

乳幼児にとても多い皮膚疾患なのですが、近年では大人にも増加している事が特徴です。

乳児場合には、早い場合で生後2ヶ月頃から顔に症状が出てきます。

そして首や胸、手足へと広がり体全体に症状が表れてきます。

幼少期に完治しなかったものが、思春期や大人になって症状が出る場合もあります。

大人の場合は、これらの症状が肌の色素沈着となって残ってしまう場合もあります。

 

アトピーの原因とアレルギー物質について



アトピーの原因ですが、アレルギーを起こす体質の人に多く、乾燥肌である場合が一般的です。

ハウスダストやカビ、ダニなどが原因となり症状が起こることや、牛乳や、大豆、などの食べ物が要因となってアトピーになる場合もあります。

他の人よりも肌のブロック機能が減少している点もアトピー患者さんの特徴です。

軽い症状の場合には、皮膚に付ける保湿剤だけで治療をすることもありますが、熱や腫れ、痛みを伴うような場合には抗ヒスタミン薬、抗アレルギー剤で治療をすることもあります。

生活の中ではアレルゲンとなるものを除くことや、食事療法などその人の症状によって対処も異なります。