皮膚疾患、かゆみの原因と予防法とは



皮膚疾患には色々な原因がありますが、毎日の生活の中で注意することで予防ができる皮膚疾患もあります。

敏感肌の方や乾燥肌の方はスキンケアでしっかりとお肌のお手入れをする事が必要です。

そして注意をしたいのが、皮膚に刺激を与える事を避けることです。

着用する衣類も、吸湿性がよく肌触りの良い素材など木綿や合成繊維のものなどがオススメです。

下着は直接肌に触れるものですから、特に素材には注意をしましょう。

そうでないと、かゆみを伴う湿疹やニキビなどが起こりやすくなるそうです。
下着によってお尻ニキビができてしまった事例

染料の強いものも肌には刺激となりますので、敏感肌の方は気をつけてください。

衣類と同様にシーツも肌に接触する面が多い為に、寝具にも気をつけることが必要です。

そして洗濯をした時のすすぎも十分に行う事で、衣類に洗剤を残る事を防げます。

肌荒れや乾燥肌は、衣類の洗剤が原因で発症することもあります。

肌は常に清潔にすることと、その季節に合わせたスキンケアを行う事が重要です。

夏は汗をかいたら必ずシャワーで清潔にしましょう。

汗にはかゆみを誘発する作用があります。

そして乾燥する冬は入浴後の保湿をしっかり行う事が必要です。

乾燥肌は皮膚疾患の原因となりますので、敏感肌や乾燥しやすい方は特に保湿は毎日行いましょう。

その際は自分の肌にあう低刺激のスキンケア商品を使ってください。

そして女性の場合には長い髪の方は首や肩に髪が触れる為に、それが原因で皮膚疾患となる場合もあります。

かゆみを誘発しないように工夫をしてくださいね。
 

虫刺されも病気のひとつ?



皮膚疾患の中でもとても一般的なものが虫刺されです。

虫に刺されることで、肌にかゆみを生じ膨疹や丘疹ができることが特徴です。

刺された後に赤く腫れてしまう為にすぐに分かりますよね。

特に肌を出す夏は虫刺されが多い為に、小さな子供は特に注意をしないといけません。

通常の場合は、1週間程度で症状が治まりますが、慢性化してしまうと、指された部分が硬くなり痒疹(ようしん)となってしまいます。

虫刺されは、一般的な蚊に刺されることやノミ、ダニ、シラミなどそして毒性のある虫、ハチ、あり、毛虫などもあります。

虫に刺されたらヒスタミン、セロトニンを含む毒素が体の中に入る為に、このようなかゆみなどの症状となり表れます。

虫刺されには、ドラッグストアで市販されている痒み止などの外用薬などを使って対処をすることが一般的です。

ヒスタミン薬、抗アレルギー薬で治療をする場合や症状が悪化している時には、ステロイド外用薬で治療をする場合もあります。

虫刺されは、その種類によっても皮膚には出る症状は異なります。

刺す虫には、ハチ、アリ、ムカデ、クモなど、そして吸血をする虫には、蚊、ブユ、アブ、ノミ、シラミなどがあります。

虫から出された液体が接触することにより症状がでるものには、ハネカク、カミキリモドキなどがあります。

毛虫は体の毛が皮膚に接触する事が原因となります。

このように色々な虫が原因となりますので、肌の弱い方は肌を出さないようにする事も必要です。

かゆみ予防には、古い角質を溜めないお手入れが基本



人間の皮膚の一番外側にある角質と呼ばれる部分は、ある一定のサイクルで新しく生まれ変わり、それが健康な肌を維持してくれています。

しかし、度重なる肌の乾燥や、加齢などにより古い角質がたまりやすくなり、それが引き金となって様々なトラブルを招くのです。

角質粒ってなに?


古くなった角質が蓄積されると、塊となり、「角質粒」と呼ばれるものになります。手で触るとチクチクして痛がゆかったりすることも…。
角質粒はポツリと盛り上がった小さな膨らみが、複数点在している状態が多く、この状態を放っておくと、スキンタッグのようなイボに進行してしまうことがあります。

自分の体を触ってみて、ザラザラとした角質が気になる方は、常日頃からスキンケアのお手入れに注意をしておかなければなりません。
参照:首イボの原因と治し方、ぶつぶつに効果のある成分やお薬について知ろうより

余分な角質を残さないためには、しっかりと汚れを落とす事と、保湿液や美容液によるこまめなお手入れが欠かせません。特に高級なものを使用する必要はなく、「毎日継続する」のが一番効果的な方法だと言えます。